事業紹介

どうやって再生紙ってできるの?

再生紙と言ってもどのように出来上がるのか知っていますか?
エコペーパーJPでは製造部と呼ばれる場所で再生紙を作っています。

再生紙が出来るまで

アイコン
01
段ボール・新聞を収集する

再生紙の原料となる新聞や段ボールなどの古紙を収集し、運搬します。

アイコン
02
原料を取り出す

集めた古紙をドロドロに溶かし、古紙パルプと呼ばれる紙の原料を取り出します。

アイコン
03
余分なものを取り除く

異物を古紙パルプから取り除きます。

アイコン
04
古紙パルプの水を切る

網状のワイヤーの上に古紙パルプを流し込み余分な水分を切ります。

アイコン
05
紙を形成する

紙をロールでプレス脱水し、加熱した円筒状のドライヤーで乾燥させます。

アイコン
06
再生紙の完成

完成した紙をロール状に巻き取ります。
更に注文の寸法通りに断裁し、梱包して完成です。

作業イメージ

アイコン
07
製品の出荷

段ボール工場や印刷所へトラックで出荷します。

 

製造工場にある色々な施設は何するの?

再生紙の製造をしっかり支える縁の下の力持ちの役割を担っているのが施設動力部です。

アイコン
01
メンテナンス管理

熟練した技術と経験、専門知識を持った技術者が工場内施設の保全管理をしています。

アイコン
02
バイオマスボイラー設備

紙の乾燥に必要な蒸気、工場の操業に必用な電力を供給します。

アイコン
03
排水処理設備

工場内の処理設備によって、再生紙の製造工程で発生した排水やゴミなどを処理しています。
環境負荷の軽減に繋がっています。

ページトップへ

〒488-0031 愛知県尾張旭市晴丘町東82番地1
お問い合わせ TEL.0561-53-3315 
 受付時間 9:00~17:00 土日祝定休

Copyright(c) 2017 株式会社エコペーパーJP. All Rights Reserved.